三代目中西克尚が教える良い畳店の選び方

1、安売りチラシは要注意!

最近、畳の衣替えの安売りチラシをよく目にします。
チラシ業者の場合、
「低級な見本品を先に見せ、高級な商品の営業をする」
「縁代は別料金」
「配達代は含まれても引き取り代は含まない」
「キャンセルするとキャンセル料が表替え代より高い」
「見積を頼んだだけなのに、無理やり畳を持って帰られた」
「人相の悪い男性が後に無言で立っており、断れなかった」
など、あるようです。
悲しい思いをしないよう、畳屋さん選びは慎重にしましょう。

2、地元で店舗のある店を探そう!

店舗を構えるということは信用の第一歩。
電話帳などの広告で地元の店舗を探しましょう。

3、電話で値段を聞いてみよう!

店舗を探したら、電話で値段を聞いてみましょう。

  • 畳にはグレードがある
  • 今お使いの畳がどのような物か見てみないとわからない
  • 当店でよくお勧めするのは○○○円くらいが多い

などの説明があるお店であれば、お客様目線の対応をしてくれると思います。

0120-61-7322

4、表のグレードの説明を聞く

サンプルを見せてもらいましょう。
サンプルは6種類以上、髭がついている表のサンプルがあるお店が良いです。
6種類以上出てきたら、質問してみましょう。
「畳表ってどれも同じに見えますが、何がどうちがうんでしょう?」

  • 経糸の違い
  • 産地の違い
  • 草の長さの違い

などの説明があると安心です。

5、さらに聞く

「すだれのような黒い筋が全面にでて見た目が悪い畳と、黒い筋がなく全面均質の畳って、どう違うんですか?」
とさらに突っ込んだ質問をしてみましょう。
草室と藺草のより分け方の違いをサンプルの髭の部分を見せながら説明してくれる畳屋さんはすばらしい畳屋さんです。

6、注文する

素晴らしい畳屋さんを見つけたら家の畳を見てもらいましょう。
自分の家に相応しいグレードをサンプルの中から相談して選びましょう。
発注価格、施工日、家具の移動はどうするかなど、打ち合わせも必要です。
また、お手入れ方法や畳床の説明も聞いておくと良いでしょう。
幸運にも素晴らしい畳屋さんに巡り合ったなら、大切にして、末永くお付き合いさせて頂けると良いですね。

7、最後に

安売りチラシなどの料金だけで判断なさらず、店主の説明などもお聞きになってご判断頂くと、良い畳屋さんに巡り合えるでしょう。
 

 

メニュー・料金を見る